多摩同胞会

私たちは家族を支援します

文字の大きさ

法人トップ > きずなトップ > きずなから季節のおたより

きずな

きずなから季節のおたより

平成30年度 <2018年4月~2019年3月>


櫓

毎年恒例、地区合同で開催される納涼祭がありました。会場の中央には櫓が設置され、櫓を囲むように焼き鳥や、焼きそば、ポップコーン、綿あめ、かき氷、ヨーヨーにゲームと模擬店が並びました。浴衣姿で参加された方や、釣れたヨーヨーを嬉しそうに見せてくれる子ども達。笑顔いっぱいの親子が多く見られた日になりました。

2018年7月26日 保育 M



クワガタ

じめじめとした雨が続く季節になりました。私たち人間はあまり好まない季節ですが、この時期だからこそ元気になり外に出てくる生き物もいます。きずな周辺ではカタツムリや手の平程の大きさのカエル等様々な生き物を見かけます。子ども達は保育園や学校から帰ってくると「おっきいカエル見たよ」と興奮しながら職員に教えてくれます。
先日はクワガタを見つけたようで、興奮して持ってきました。次はどんな生き物を見たとお話ししてくれるのか、とても楽しみです。

2018年6月21日 母子支援員 T



運動会

暦の上では夏最初の日という意味がある「立夏」を過ぎ、少しずつ日差しも強くなってきました。
先日、小学校では運動会が行われました。強い日差しの中、子ども達が一生懸命に取り組む姿に心を打たれました。中でも印象的だったのは、6年生の騎馬戦です。3人が騎馬を作り、上の人を支えます。上に立つ人が主役のように見えますが、下で支える側が歯を食いしばって支える姿はとても誇らしく感動を覚えました。子どもたちの成長を近くで見られることに幸せを感じた一日になりました。

2018年5月25日 少年指導員 N



たんぽぽ

桜の花はすっかり散り青葉が芽吹き始め、とても過ごしやすい季節になりました。保育では、お天気の良い日にはお散歩に出ます。きずなの周りには春の草花が多く咲いており春を感じることができます。この時期子どもに大人気なのがたんぽぽ。一歩進むごとに咲いており一輪ずつ摘み保育室の花瓶はあっと言う間にいっぱいになります。これからも自然に多く触れ合い楽しい時間を過ごしていきたいと思います。

2018年4月26日 保育 M



きずな

TEL 042-596-0121FAX 042-596-0873

kizuna@tama-dhk.or.jp

お問い合せフォーム