法人トップ > かんだ連雀トップ > 施設長あいさつ

かんだ連雀

  • 相談事業
  • 在宅サービス
  • 滞在サービス
  • 入所サービス

 

施設長あいさつ

当法人ホームページをご覧いただいている皆様、こんにちは。かんだ連雀の武田と申します。
私たちは、2004(平成16)年4月から、ここ千代田区神田淡路町で特別養護老人ホーム、在宅サービスセンター、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターの事業を実施しております。法人本部のある府中市から慣れない土地に来て、当初はとまどいもありましたが、地域の皆様に温かく支えられ今年14年目を迎えました。おかげさまであんしんセンター神田を中心に地域に浸透しつつあることを実感し、日々業務に励んでおります。
介護事業や社会福祉法人を取り巻く状況は、年々厳しくなってきています。介護報酬単価が減額される流れに加え、社会福祉法人のあり方が問われる時代に来ています。しかし、時代や制度は変わっても、私たちの目指すところは法人が設立された1946(昭和21)年から変わってはおりません。どんな制度でも、その隙間で苦しむ人々は存在します。「最も困っている人々のいのちと生活を支える」という法人の基本的な姿勢は、そこを忘れずに仕事をしていこう、という私たちの気持ちの表れであります。
高齢者が住みやすい社会は、全世代の人が住みやすい社会です。こうした社会の実現に向けて、人も地域も制度も優しさを大切にする社会になって欲しい。それはみんなの願いでもあると思います。
これからも一層、千代田区のご高齢者、ご家族の皆様、そして神田地域の安心のよりどころとなるよう努めてまいります。よろしくお願い申し上げます。

かんだ連雀
施設長 武田 潤一郎