法人トップ > たっち > 施設長あいさつ

たっち

  • 相談事業
  • 子育て応援事業
  • 子育て支援サービス

 

施設長あいさつ

府中市子ども家庭支援センター『たっち』は、2005(平成17)年3月に府中市が子育て支援の中核施設として設置した施設です。私たち社会福祉法人多摩同胞会は、相談事業の一部と、交流ひろば事業・リフレッシュ保育事業の運営を受託しており、併せて『たっち』内で、2001(平成13)年12月から受託している、府中市ファミリー・サポート・センターの運営も行っています。
『たっち』は、京王線府中駅から直結した商業ビルの中にあり、府中市内の子育て家庭を中心に、多くのお子さんと保護者の方々にご利用いただいており、中でも、交流ひろばには年間延べ14万人以上の方が来館されます。そして、さまざまな場面で関わっていただいているボランティアの方々、ファミリーサポート事業で提供会員としてご活動いただいている方々を始め、多くの地域の方のお力添えをいただいて、事業が成り立っています。
これからもご利用者のみなさま、地域のみなさまに信頼していただける施設運営を目指し、法人の理念に基づいて、それぞれの事業の特徴を生かしながら、地域で子育てをしていらっしゃる全ての方の“支え”となれるよう、職員が一丸となって事業運営に取り組んでまいります。ご指導・ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

府中市子ども家庭支援センター たっち
センター長 畑山 恭子