法人トップ > きずな

きずな

  • 相談事業
  • 母子生活支援施設

 

自律の意欲がわき立つような支援を

きずなは、法人発祥の地で、地域の方々とともに歩み、育まれてきました。
「母と子のきずな、家族のきずなを断ちきることなく」という創設の目的にのっとり、ひとりひとりの生き方を支えています。
入所する母と子に、まずは安らぎの場を提供し、あきる野の恵まれた自然の中で、自立の意欲がわき立つような支援を心がけています。この網代の地を良き思い出、心のふるさととして羽ばたいて欲しいと願っています。

多摩同胞会 法人ブログ 日々のあゆみ

パンフレット

季節のおたより

2017年9月21日

敬老会プレゼント

夏も終わり、涼しい風が吹き始めました。きずなでは、自治会主催の敬老会に毎年参加をしています。地域と施設の子ども達が一緒になり音の出る鳴子を持ち、半被を着てソーラン節を披露しました。プレゼントの手ぬぐいは、紙に一人一人好きな絵を描き、合わせて1枚にプリントしたものです。手ぬぐいには色々な絵が描かれており、ながめているだけで気持ちが明るくなるようなものに仕上がりました。この日の為に一生懸命練習をしたソーラン節も素晴らしいものになり、敬老会は大成功でした。

少年指導員 N

バックナンバー