法人トップ > 泉苑トップ > 施設長あいさつ

泉苑

  • 相談事業
  • 在宅サービス
  • 滞在サービス
  • 入所サービス

 

施設長あいさつ

泉苑とは、特別養護老人ホーム信愛泉苑、在宅サービスの泉苑ケアセンター、地域包括支援センターの総称になります。
信愛泉苑は1975(昭和50)年に府中市最初の特別養護老人ホームとして50床でスタート致しました。翌年からショートステイや入浴サービス等在宅サービスを開始し、1992(平成4)年に市立よつや苑、1993(平成5)年に市立あさひ苑が開設されるまでの間、府中市全域の在宅サービスを担当してきました。
介護保険制度に移り、特別養護老人ホームをはじめとする施設も増え、在宅支援サービスも多種多様になりました。
2017(平成29)年度は、平成27年度の介護保険制度の数多くの改定を受け、厳しい条件の中での運営を迫られていますが、法人の理念に従い、ご利用者が主人公として過ごし続けられる施設であるとともに、地域に貢献出来る拠点施設としての機能も果たせるよう努めて参ります。
泉苑はこれからもご家族様のご協力は元より、ボランティアや各関係機関の皆様のご支援に支えられながら、ご利用者とご家族様、そしてご協力頂いている皆様にとって安心して過ごして頂ける施設で有ることができるよう、職員一同が一丸となり運営してまいりますので、引き続きご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

泉苑
施設長 福岡 重男