法人トップ > 多摩同胞会とは > 理事長あいさつ

多摩同胞会とは

理事長あいさつ

理事長 鈴木 恂子

多摩同胞会は1946(昭和21)年、五日市町(現あきる野市)に母子寮設立のために発足しました。「母と子の絆を断ち切ることなく」という草創期の目的は、「私たちは家族を支援します」という法人の理念に引き継がれています。

現在は府中市を中心に、原点であるあきる野市、さらに千代田区において、高齢者福祉(特養・養護・在宅サービスセンター・包括支援センター・居宅介護支援・訪問介護・ケアハウス・グループホームなど)、児童福祉(母子生活支援施設・子ども家庭支援センターなど)の事業を展開しています。

従来、家族が中心になって支えてきた介護や子育ては、高齢化や核家族化、女性の就労、都市化による近隣関係の変化などにより、家族だけでは支えられなくなりました。多摩同胞会の活動目的は、福祉施設として、まず安心して生活できる場を提供すること、そして介護や子育ての具体的なサービスを提供することにより、家族として絆が結ばれ、お年寄りや子どもたちが平穏に過ごせるよう支援することです。

当初は入所型の福祉が中心でしたが、現在は施設を拠点に短期滞在・通所・訪問や介護予防・地域活動など事業が多様化しました。

介護や高齢者福祉も子育てや児童福祉も、入所滞在機能をもつ施設を中心に相談業務を窓口として、多様なサービスを提供し、継続的包括的に支援する地域の拠点施設を目指しています。

そしていつの時代も、最も支援を必要としている人々を第一に考えることを基本的な姿勢として、社会福祉法人としての役割を果たしてまいりたいと思います。

今後ともご指導、ご支援のほど、どうぞよろしくお願いします。

 

社会福祉法人多摩同胞会
理事長 鈴木 恂子